失敗しない胡蝶蘭の贈り方について

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

これからお祝い事やギフトなどで、初めて胡蝶蘭を贈るという人も多いのではないでしょうか。初めてだと、どのように贈ったらいいのか不安に思う人もいるでしょうが、失敗しないためには事前にどうやって贈るのかを調べておくといいでしょう。ここでは初めての人でも、失敗しない贈り方について説明をします。

まず贈る時に大切なこととしては、贈る日をしっかりと把握しておくことです。開店祝いや起業祝い、パーティーの祝い事など贈る時には色々なイベントがありますが、基本的には前日か当日に届けることが重要となります。あまりにも早く準備をしてしまうと長持ちをする胡蝶蘭でも、管理方法によってはキレイな状態で贈ることができなくなりますし、遅いのも失礼になってしまうことがあります。そのため、前日か当日に準備できるようにしておきましょう。

続いて贈る時に大切になることは、胡蝶蘭の大きさです。胡蝶蘭は花自体が大きいですし、鉢も通常の花と比べると大きくなるので、開店祝いなどでは置くスペースも考えて大きさを選ばなくてはなりません。広いスペースがあるなら華やかな大きな胡蝶蘭を用意するといいですし、個人宅などスペースが限られている場合は3本ほどまでと工夫するといいでしょう。

胡蝶蘭を贈る時は立て札かメッセージを付けよう

お祝い事として胡蝶蘭を贈る場合、胡蝶蘭と一緒に立て札を付けたり、メッセージを付けたりすることもあります。しかし、初めて贈る場合、どのように立て札やメッセージを準備したらいいのか悩むこともあるでしょう。ここでは、一般的な立て札やメッセージについて紹介します。

立て札を用意する場合、基本的には、開店祝いや開業祝い、移転祝いなどの時に用意することが多いのではないでしょうか。その場合、誰が贈ったか一目でわかるようにするのが一般的なマナーです。この場合の記載方法として、お祝いの文言とともに主名を書いて送るようにします。主名を記載しておくことで、一目見ただけで誰が贈ったのかわかります。誰が贈った花なのかわからなければ、受け取った側も困ることになりますから、きちんとわかるように札を付けておくようにしましょう。

続いて、メッセージです。親しい仲の場合には、立て札ではなくメッセージを用意することもあります。しかし、ただメッセージと言っても気を付けたいことがあります。お祝いのメッセージというと、長文を記載したくなりますが、あまり多い文字数だと読みにくくなってしまいます。そのため、40文字くらいの文字数にするとバランスも良く、相手も読みやすく感じるでしょう。規定はないのですが、もらった相手が見やすく感じる文字数にすると良いでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket